パーソナルトレーナーとは?


パーソナルトレーナーとはPersonal Trainerの直訳「個人トレーナー」通り、個人的に1対1で家庭教師の形でトレーニングを教える職業のことを指します。

ただ、パーソナルトレーナーという言葉の公的定義がないため、世代によったり個々によったりしてもパーソナルトレーナーの言葉の捉え方に差はあります。

また、パーソナルトレーナーには国家資格がなく民間団体や協会の認定資格しかないため、だれでもパーソナルトレーナーと名乗るのことができる職業でもあります。資格認定協会は数多く存在しますが,基本的にはアメリカのACSM(アメリカスポーツ医学会)のACSMのガイドラインを使用しているため身体の知識内容に差はないといってもよいでしょう。

一般的には、トレーニング専門家や専門性の高いトレーナー、トレーナーよりも専門性やキャリアが高いため個人契約ができるトレーナーをパーソナルトレーナーと呼んでいることが多いです。お客さんと契約し約束した時間に、筋肉トレー二ング、ヨガ、ピラテス、ジョギング、有酸素運動などを個人指導する仕事です。お客さんとの時間は,ずっとそばについてと手取り足取りのパーソナルトレーニグ個人指導を行います。

パーソナルトレーナーは、医師ではないので,病気や怪我の診断をする知識は持っていませんし、診断することはできません。

アメリカではハリウッド俳優のほとんどがパーソナルトレーナーを雇っているといわれています。年間何千万円という契約料のパーソナルトレーナーもいるようです。またハリウッドでなくても,パーソナルトレーナーと契約しトレーニングを受ける事は金持ちのステータスでもあります。毎日のようにパーソナルトレーナーにお金を支払う事ができることと,美しい体型スタイルを保っている事が金持ちの象徴でありステータスと考えているからです。