ボディメイク&ダイエットのコラム


「農耕民族の体型はどうボディメイクやダイエットすべき?」についてのパーソナルトレーナーおぜきとしあき(尾関紀篤)のボディメイク&ダイエットコラムです。

ボディメイクやダイエット、ボディシェイプスクール、パーソナルトレーナー、パーソナルトレーニング、ダイエットジム、ボディメイクジム、モデル塾、トレーナー資格、パーソナルトレーナー養成スクールなどの参考にどうぞ。


農耕民族の体型はどうボディメイクすべき?


農耕民族の体型

下半身ががっちりしていて・・・。

痩せたはいいが、下半身のボリュームだけは変わらない・・・。

そんな女性が多く、私のところにボディメイク相談にきます。

きれいな脚になりたいから、トレーニング始めたのに、「いかにも下半身の丈夫そうな農耕民族体型っ~」って感じになって・・・。私、純粋な日本人なので・・・。

そうなんです。

彼女の言葉は、非常にポイントを突いているのです。

一般的には、脚細くしたいから、脚のエクササイズを多くする。

結論からいえば、これは正解であり、不正解でもあるのです。

かといって、当然、運動は必要不可欠。

食事制限だけでは、他人から一目置かれる体型はできないのです。

トレーニング無しなんてナンセンス!

と言い放つところは、さすが彼女、職業がモデルさん、当然分かっていらっしゃいます。

さて、なんだかんだいって、ここがボディメイクの難しいところ。

つまり、農耕民族が、ポイントを押さえずトレーニングすればするほど、下半身がっちりしてしまい、ますます農耕民族の体型から抜け出せない。20年この仕事してきた私だからこそ言えることですが、一生懸命でまじめな女性だからこそ、陥る落ちし穴だと思います。

外見のシルエットは、身体の全体の関節角度から成り立っています。

ボディメイクにこの考えがないと、もうどうにもなりません。

遺伝的に、私の家系は農耕民族体型で・・・。

そんな要望には応えられません。

逆に、身体の全体の関節角度をちょっといじってやれば、遺伝だからしょうがないと諦める必要も当然なくなるわけです。

さて、そんなことを言っていた彼女も、今では、私のボディメイクに大満足。

2か月も経たないうちに、ただ細いだけでなく直線的なシャープなシルエットが完成。

トップモデルの仲間入りも、もう目前ということです。

よかった!よかった!


A lower part of the body does it solidly and big...

I got thin,but the volume of the lower part of the body do not change...

There are many such women and comes for "BodyMaking" consultation to me.

Though they began training because they want to become the beautiful leg, "farming race fugure ... which seems to be strong of the lower part of the body, and ... . So I'm japanese...

That's the Point.

Her words point out the point very much.

It's generally increasing the exercise of the leg because getting slim legs

If I speak it from a conclusion, this is a correct answer, and it is a non-correct answer.

Naturally the exercise is essential.

Only by food dieting, People do not have the figures surprised by another person .

Nothing training, what nonsense!

is her strongly saying.

That's just what one would expect of the Model occupation.She understand it well.

By the way, here are what the BodyMaking is complicated.

In other words as much as people train without considering to the farming race point, they have a lower part of the body solidly and big, and they cannot get away from the figure of the farming race like japanese more and more.

The silhouette of the appearance consists of a physical total joint angle.

If body make does not have this thought, People do not become it simply anymore.

My family is ... with farming race figure hereditarily.

It is not met such a demand.

On the contrary, naturally you don't need to give it up it because it is heredity disappears if I adjust a physical total joint angle a little.

By the way, she who said such a thing is satisfied very much with my "BodyMaking" now.

Within two months, the sharp silhouette which is not only thin.

She seems to join the top model.

It was good! It was good!



 パーソナルトレーナーのボディメイク&ダイエットコラム集 TOPへ戻る